ヒゲ脱毛・男性脱毛は青山セレスクリニック-東京

ホームに戻る
  • 患者様の声
  • メールでのご相談・お問い合わせ
  • メールでのご予約
青山セレスクリニック

■青山院
東京都港区北青山2-7-26
ヒューリック外苑前ビル 7F (旧フジビル28 )
<地下鉄銀座線
外苑前駅徒歩2分>

>> 詳しくはこちら

■川口院
埼玉県川口市栄町3-5-1 川口ミツワビル6階
<JR線
川口駅東口徒歩1分>

>> 詳しくはこちら

予約受付

年中無休 11:00~20:00

診療時間

11:00~20:00(完全予約制)

当院へのアクセス
モバイルサイト
ご相談・ご予約 メールで予約 メールで相談
未成年の方へのご案内

未成年の方が手術や処置を受ける場合、必ず保護者の承諾が必要になります。

脱毛処置をご希望でご来院の方は、下記より承諾書をダウンロードしご記入の上ご持参ください。

>> 承諾書のダウンロード

脱毛とは

ここでは様々な脱毛を読み解くために毛の仕組みから脱毛方法や医療レーザー脱毛について詳細に記してあります。

毛の仕組み

毛根と皮膚組織目に見えている毛は1本ですが、私たちの体にはおよそ100~150万本の毛があり、皮膚の中は複雑です。 毛穴全体を「毛包」といい、毛根の奥には「毛乳頭」というタネの様な球があり、その上部に「毛母」がくっついています。この毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、髪などの毛を作っていきます。

レーザー脱毛であれ、電気針脱毛であれ、永久的な効果を得る為には発毛に重要な毛母や毛乳頭、毛包部に立毛筋(鳥肌で毛を立たせる筋肉)が接する部分にある隆起(buldge:バルジ毛包部を再生する幹細胞)を破壊できれば脱毛できるのです。

毛周期について

毛周期とは、発毛と脱毛のサイクルのことです。
部位によってそのサイクルの長さは異なりますが、毛が生えて育っていき、生え変わるまでのメカニズムは以下のようになっています。

 成長初期 新しい毛がこれから成長しようとする時期です 成長期1 毛母細胞の分裂がはじまり新しい毛球がつくられ、体毛が伸びていきます
成長期2 体毛は毛穴から皮膚表面に出て成長していきます 退行期(移行期) 毛母細胞の分裂が止まって、抜けるための準備をします。毛根が上に押し上げられて毛乳頭が毛球部から離れます。毛球部は萎縮していきます
休止期 毛乳頭と毛が離れて、毛乳頭は休眠している状態です。毛は自然と抜け落ちます

基本的にレーザー脱毛は、皮膚の中に毛がなければ行っても意味がありません。毛が成長初期~成長期の段階で施術を行っていくのが理想ですが、退行期や休止期になっている毛も確実に存在しています。これらが成長期になった頃に再び照射していく必要があります。これを繰り返していきます。

1日にうちに自然に抜け落ちている髪の毛は70本前後と言われておりますが、見た目上あまり変わらないのは上記のサイクルがバラバラに絶えず活動しているからです。
この事から医療レーザーは成長期の毛のみに効果があるので、複数回のレーザー照射が必要となるのです。

様々なムダ毛処理の方法

名称 脱毛方法 メリット デメリット
カミソリ(一時的) 電気シェーバーやカミソリで髭や体毛を剃り無駄毛処理します。 短時間で広範囲の毛の処理が可能。 刃物で皮膚をこするため、炎症やカミソリ負けなどの肌トラブルがでます。いくら深剃りしても、毛根が残っていますのでまた生えてきます。
その他
毛抜き・電気脱毛器・脱毛テープ、ワックスなどの一時的な脱毛法
毛抜きや電気脱毛、脱毛テープ、脱毛ワックスなどで毛を引き抜く脱毛方法です 簡単で見た目も剃るよりきれいに見えます。 無理に引き抜くため、毛穴の部分が鳥肌のようになったり、 皮膚の下で毛が育ってしまう埋没毛になったりと肌トラブルが起きる可能性があります。
脱色剤や除毛クリーム、ケミカルリムーブ
薬剤によって毛の色素を脱色または毛を溶かし処理します。 毛抜きより痛みが少なく、広範囲に塗布できるので時間があまりかからない。 脱色した場合、一時的で近くでみると毛がわかる。薬剤が皮膚に合わず炎症等の肌トラブルを起こす可能性があります。

電気針脱毛

針に電気を流すムダ毛処理には

●高周波法(針に高周波の電気を流す方法)
●流電法(針に弱電流を流す方法)
●ブレンド法(高周波法と流電法を併せたもの)

の3つの方法があり、針は以下の通り2種類あります。

名称 脱毛方法 メリット デメリット
ニードル 金属アレルギーを防ぐためにチタンやゴールドコーティング加工されています。 毛根が破壊されれば永久脱毛が可能。 ・毛を伸ばしておく必要があり、1本1本作業するので、時間がかかる。
・施術者の技術に大きく左右される。
・針を刺すため痛みが強い。
・違法なエステサロンでは、医療処置が行えないため、ヤケドなどのトラブルになりやすい。
絶縁針 皮膚を傷めないように、毛穴に差し込んだ針が肌に触れる部分に特殊なコーティング加工を施した針です。
光脱毛 「IPL脱毛」「フラッシュ脱毛」「プラズマ脱毛」が主なネーミングで主にエステサロンなどで行われるむだ毛の脱毛方法です。 白色ランプからでる様々な波長が混ざった光をフィルターにかけ、ムダ毛処理ができる波長の光を作り出しその光で毛根を破壊し脱毛を図る。 メンズエステやサロンでの脱毛方法なので1回の施術が比較的安価。 ・メンズエステなどは医療行為に当たらない程度にレーザーの出力を下げる必要があり脱毛の効果がでにくい。
・フラッシュ光線による脱毛の効果はフラッシュ脱毛自体が日本で行われるようになってから日が浅く、永久的な効果が得られた状態が維持できているかは判断できていないようで、「脱毛後ずっと生えてこなかった」「脱毛の甲斐なく生えてきた」と効果は様々なようです。

医療レーザー脱毛

現在医療用のレーザーとして正式に認可が下りているものは以下の二つです。
この2つの機種が現在、日本の美容皮膚科や美容外科で脱毛用レーザーとして最も広く一般的に使用されています。つまり、その脱毛効果と安全性を多くの医療機関が認めているということになります。
*ダイオードレーザーでもアレキサンドライトレーザーでも、効果に違いはないと言われています

名称 脱毛方法 メリット デメリット
ダイオード
レーザー
半導体を用いた医療レーザー脱毛機器で、半導体の性質を変えることにより、様々な波長のレーザー光を作り出すことが可能となっています。脱毛レーザーには800nmの波長のものを使い、そのメラニン色素に反応する性質を利用しています。 短時間での脱毛が可能!
痛みが少ない!
医療機関だから万が一の時も安心!
施術側の話ですが、ハンドピース部にレーザー発信機がつけられているダイオードレーザーは非常に重く、操作しにくく時間がかかるので照射モレが起きる可能性もある。反対にアレキサンドライトレーザーは持つ部分が非常に軽く、使いやすいので打ちモレの可能性が低いと言えます。
アレキサンド
ライトレーザー
アレキサンドライトという宝石を用いた医療用レーザー脱毛機器755nmという波長を出します。

ページの先頭に戻る ▲

ムダ毛の自己処理について

自己処理は手間や時間がかかるだけでなく、剃り跡が目立ったり、肌を傷つけたり炎症を起こしたりと 様々なトラブルを起こす危険性があります。

永久脱毛って?

「永久脱毛」でイメージされるのは「完全に無毛になり、死ぬまで永久に1本も毛が生えてこない」とイメージされる方が多いようですが、残念ながらそういうわけではございません。

医療レーザー脱毛における永久脱毛とは、簡単に言うと「高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛」という事です。

医療脱毛の永久脱毛における定義を遡ると従来は、米国電気脱毛協会の定義が使われていました。これは「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であればよい」とされていました。これに対して、1998年ハーバード大学のグループが新たな永久脱毛の定義を考えて、永久減毛(permanent hair reduction)を提唱します。
これは、レーザー脱毛後に、身体の各部位における毛周期を超える期間において、終毛の数が著名に減少している状態が持続すること、と定義されていて、米国FDA(Food&Drug Administratiom・日本の厚生労働省に相当する政府機関)では、レーザー脱毛装置の認可はこの概念に基づいて行なわれているのです。

つまり医療レーザー脱毛の永久脱毛とは永久減毛がレーザー脱毛の目標であって、「完全に無毛になり、死ぬまで永久に1本も毛が生えてこない」という事ではありません。医療機関で使われているレーザー脱毛機はFDAの「永久減毛」の認可を取得しており米国の公的機関にその効果が認められているのです。

エステと医療レーザー脱毛との違い

では具体的に医療機関とメンズサロンなどのエステと具体的に何が違うのでしょうか?主な違いは以下の通りです。

主な違い 医療機関 エステ
脱毛器の違い FDA(アメリカの厚生労働省)認可の最新の医療レーザー脱毛機を使用しています。この機械は医療機関のみ使用を認められているレーザー装置でありエステでは輸入の許可が得られない医療機器です。 レーザーもどきといえる光脱毛機器を使用している場合が多く、医学的に見て「永久脱毛」には程遠い脱毛も多く見受けられます。
*平成14年にレーザー脱毛を行っていた脱毛サロンが摘発され、医師法違反の有罪判決が出たことにより、現在新規にレーザー脱毛を始めるエステはほとんどありません。
脱毛効果 永久脱毛は医学的に永久減毛といい、医療機関で使われている脱毛機はFDAの「永久減毛」の認可を取得しています。つまり効果が認められているのです。 エステサロンは、何かトラブルが発生した際に、医療処置対応ができない為、絶対にトラブルが起こらない程度の出力でしか照射しません。よって、脱毛効果が薄いといわれています。
*良好な脱毛効果が得られるか得られないかは、脱毛機器、施術者の違いでも大きく出るところです。機械の性能と出力が脱毛効果を決定しますので医療機関で使われている医療用レーザー脱毛器のほうが有利です。
脱毛費用 医療機関での脱毛はエステサロンなどに比べ若干高いです。青山セレスクリニックでは、様々な脱毛プランをご用意しており初診料や再診料はかかりません。必要に応じてお渡しする軟膏も費用は発生致しません。 エステサロン等の1年間フリーパスの詳細を見ると3、4ヶ月に1度という規定のところもあり、これでは年に約3、4回しか照射できないことになります。脱毛は、回数がかかるのが通常です。上記の通り医療行為とまでは行かない範囲での低出力での施術になるので、回数がさらにかかると2年、3年、4年と長期にわたれば、総費用が結局医療機関を超えることになりかねません
*ポイントとしては「施術以外にかかる費用」があるのか事前に伺っておくとトラブルになりにくいでしょう
脱毛中の痛み 輪ゴムではじかれるような感じ 針脱毛は強い痛みが伴いますが、光脱毛は大きな痛みはないです
*医療機関での脱毛は効果の高い、高出力の機器を使っているため、多少の痛みを感じる場合が多いです。
トラブル時の対処 ヤケドなどのトラブル時の際、医療機関ですので発生時は素早く薬等の処置が行え、最小限に食い止められます。 エステ等は軟膏処置など医療行為が行えないため、悪化させてしまったり自分で病院を探す必要が出てきます。
*青山セレスクリニックでは、必要に応じてお渡しする軟膏などは無料です。また、ヤケド等のトラブルが発生しないよう向上に努めております。

ページの先頭に戻る ▲

医療機関だからできる安全な永久脱毛

厚生労働省は「毛乳頭、皮脂腺開口部等には立毛筋の基部に存在する幹細胞も含まれ、また"毛乳頭、皮脂腺開口部等"を完全に破壊するには至らない部分的な破壊についても医師法17条違反である」2005年に見解を述べています。つまりレーザーやそれに似たものを使ったむだ毛の治療は、医療機関のみで行えるということになり、エステなどでニードル脱毛、光またはフラッシュ脱毛などを行うことは医師法違反ということになりえます。ボーダーラインのサロンなどは将来的になくなってしまう可能性もあるわけです。
そのとき一番ダメージを受けるのは、だれでしょうか。

勿論エステサロンが全部だめというわけではございません。大事なお体です。レーザー脱毛に力を入れて取り組んでいるところで脱毛治療されることをおすすめいたします。青山セレスクリニックではカウンセリング相談だけ受けてお帰りいただいても構いません。ご納得した上で脱毛治療をしていただきたいので、医療レーザー脱毛に関するご不安や、ご希望、またその他の部位の脱毛についても遠慮なくご質問、ご相談下さい。

医療レーザー脱毛とは、レーザーが黒いものによく反応するという特性を生かし、毛根の黒いメラニンにレーザーを反応させ、その熱エネルギーで毛根を破壊して脱毛させる方法です。

医療レーザー脱毛の歴史について

1875年 初めての永久的脱毛である電気分解法がアメリカで開発される。この方法は毛穴に差し込んだ針に、弱電流を流すことによって組織液を電気分解し、その電気分解作用でできるアルカリ液によって、発毛組織を破壊し脱毛する方法で画期的であったが、一つの毛包を破壊するのに3分程と気の遠くなるような時間がかかった。
1904年~ アメリカでX線を使用した永久脱毛が行われるが、永久脱毛できたもののシワやケロイドなど後遺症が多発してしまった。
1924年~ 高周波脱毛法がフランスで開発される。高周波の加熱作用で、発毛組織を凝固させて機能させなくしてしまう方法で、それまでの電気に比べて処理時間が早いというメリットがあった。
1948年~ 電気分解法、高周波脱毛法が組み合わされたブレンド脱毛法が開発される。この方法は両者のよいところを合わせ、毛包にプローブ、もしくはニードルと呼ばれるものを挿入し、微量の電流を流すことによって毛をつくる組織を変性させ、 発毛機能を失わせる方法で一昔前に流行った方法である。
1970年代 ブレンド式脱毛機が輸入され、日本に永久脱毛が広まる。ニードル=針なので本来は医療機関でなければ施術不可能な行為だがエステサロンなどでも流行し、やけどや色素沈着のトラブルが多発した。
1983年 ハーバード大学のAndersonらが「選択的光熱融解」理論を発表。「光は生体における特定の色素顆粒のみに光熱融解を起こさせる」というものでつまり「周囲組織には熱変化を与えることなく、特定の色素細胞だけを選んで破壊する」という理論レーザーの医学への応用にとって非常に重要な理論であり、
現在のレーザー脱毛開発の原点であると言えるものであった。
1996年 Andersonらのグループが永久脱毛理論を発表。同年、Cynosure社が初の脱毛向けレーザー装置を開発。
このころより日本で医療レーザー脱毛が始まりました。
1999年 米国食品安全医薬品局FDA(The US Food and Drug Administration)の正式な認可が下りる。

このように100年近くの研究開発の末、日本に医療レーザー脱毛器が登場しました。日本での現在のレーザー脱毛器による脱毛の歴史は13年余りと短いものですが、FDAによってその効果が認めら多くの美容皮膚科、美容クリニックの主流となっている脱毛方法です。

医療レーザー機器の違い

現在医療用のレーザーとして正式に認可が下りているものは以下の二つです。

●アレキサンドライトレーザー・・・アレキサンドライトという宝石を用いた医療用レーザー
●ダイオードレーザー・・・半導体を用いた医療レーザー

この2つの機種が現在、日本の美容皮膚科や美容外科で脱毛用レーザーとして最も広く一般的に使用されています。つまり、その脱毛効果と安全性を多くの医療機関が認めているということになります。製品ごとに特徴など違い主に以下の通りです。
*ダイオードレーザーでもアレキサンドライトレーザーでも、効果に違いはないと言われています

主な医療レーザー機器 写真 ハンドピース 特徴
青山セレスクリニックで使用しているアレキサンドライトレーザー 軽く、コンパクトなので細かい部位の照射に最適。 ジェルを使用しない。誘導チップ(先端)が一点で接する面が最小なので非常に衛生的。
コメット・RF 大きく重たいため入り組んだ陰部の脱毛に不向き ジェルを使用するため、施術後ベタつく。接触型なので、他の人の陰部に接触したものでの施術が考えられる。

青山セレスクリニックではキャンデラ社製「ジェントルレーズ」を使用しております。青山セレスクリニックのジェントルレーズなら

◎ 2秒間に3発照射可能だからスピーディな脱毛が可能!
◎ 冷却装置付きだから痛みが少ない!
◎ ジェル不要だからベタつきなし!

で、スピーディに脱毛可能です!

医療レーザー脱毛のリスクについて

◆ヤケド◆

青山セレスクリニックでは痕に残るような2度以上のやけどは起きていません。しかし医療事は常にリスクがつきまといます。医療レーザー脱毛はその性質からレーザーの照射出力を低く抑えれば、ヤケドはまず起きないでしょう。しかし、十分な熱量を与えなければ永久脱毛効果を得ることはできないのです。「毛のみにダメージを与えて皮膚にダメージを与えない」このギリギリのラインを見極めることが重要なのですが、肌や体毛の個人差や体質、その日の状態などを考えると、残念ながらヤケドなどの副作用がないとは言い切れないのが現状です。

しかし、ヤケド発生を減らすことは可能だと思います。それは、当院スタッフが発生頻度をできる限り低くするための研究、トレーニングを怠らず努力することです。その結果を患者様にどうやったらリスクが減らせるかお伝えすることも重要だと考えておりますのでカウンセリングにてしっかりとお時間をいただいておりますのでご了承ください。

塗り薬万が一の時、軟膏やローションは必要に応じて無料でお渡ししていますのでご安心ください

◆色素沈着◆

炎症後、強い日焼けや摩擦などに刺激で一時的にシミのように色がつくことがございます。これは、時間経過とともに軽快しますが、起きにくくするために脱毛期間中は日焼けや刺激に気を付けてお過ごしいただきます。

◆色素脱落◆

刺青やアザ、ホクロのあるところにレーザーを照射すると、それらの色味が抜ける可能性があります。消したくない部分があれば事前に申し出て下さい。

医療レーザー脱毛を効果的に行うには

1. 治療前・通院中はカミソリでの剃毛は可能ですが、毛抜きは避けて下さい 

医療レーザー脱毛は毛根に反応するため、自己処理で抜いている場合、レーザーが反応せず、効果が少なくなりますので毛抜きなどの自己処理を控えることで効果的に脱毛が行えます!

2. 日焼けは厳禁です

やけどなど肌トラブルの原因になりますので、日焼けしている肌ですと効果的な出力で照射することができず
効果が少なくなりますので日焼け止めなどを塗って日焼けをしないようにご注意下さい。

3. 保湿を心がけお肌のコンディションを整えましょう

乾燥していると、皮膚の回復が遅く、肌トラブルがおきやすいです。また、敏感肌になりやすいので乾燥肌は痛みを強く感じることもあり、痛みを理由に出力を下げざるを得ない場合も出てきますので、しっかりと保湿クリームや保湿ローションで、うるおい肌を保ちましょう。

美容外科・医療レーザー脱毛・青山セレスクリニック
【受付時間】11:00~20:00 年中無休《土日祝日も開院》
東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 7F

ページの先頭に戻る ▲

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル 7F

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニック

フリーダイヤル 0120-118-242

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F